コールセンターのバイト内容を詳しく紹介します。

受信コールセンター de バイト

コールセンターとデータ入力のアルバイト。どっちがいい?コールセンターの方が絶対おすすめ

MAC BOOK PRO

コールセンターとデータ入力。

この2つのバイトは、全く異なる性質を持っているにも関わらず、なぜか比較されることがあります。

恐らく、どちらもオフィスワークで、ひたすらパソコンと向き合うイメージがあるからでしょうか。

yahoo知恵袋などでは「コールセンターとデータ入力のアルバイト、どちらがおすすめですか?」という相談を見かけることも少なくありません。

ただ、コールセンターはあくまで接客業、データ入力はその名の通りひたすらにデータを入力する仕事です。

オフィスのイメージはどちらも似ていますが、仕事内容の性質は全くことなります。

今回の記事では、現在コールセンターかデータ入力、どちらの仕事を始めようか迷っている人に向けて、各バイトのメリット・デメリットをまとめてみました。

コールセンター最大の懸念は接客疲れ

コールセンターとデータ入力における最大の違いは、「コールセンターには接客疲れ」が存在するという点ではないでしょうか。

やはり、人を相手にする以上、多少なりとも気を使います。いくらマニュアル通りにトークをするだけで良くても、時にはクレームも含めたイレギュラーな問い合わせにも対応しなくてはなりません。

声の雰囲気から、怒りかけていると判断できるお客様の相手をする時は、慎重に言葉を選んで話さなくてはいけません。

悪く言えば「相手のご機嫌を伺わなければいけない仕事」なので、ストレスに感じる方は少なくないでしょう。

 

また、どのようなコールセンターであっても、シーズンや時間帯によっては回線がパンクしそうなくらい入電が混み合うこともあります。

こうした時、「いつになったら鳴り止むんだよ…」という終わりの見えない辛さが、ストレスに変わることもあるでしょう。

夕飯時のコンビニや、帰宅ラッシュ時のガソリンスタンドで働いたことのある方なら分かると思います。

とにかく客足が絶え間ないので、「もう他の店に行ってくれ!」と思ったことのある方は多いでしょう。

コールセンターでもあの現象が起こります。

データ入力のデメリットはプレッシャーが凄まじい

一方のデータ入力アルバイトは、接客疲れこそないものの、基本的に「どんなに細かいミスも許されない、ロボットのような正確さを求められる仕事」です。

現場には作業監督なる人物がいて、作業の間は後ろからジッとモニターを見つめられます。

また、入力ミスがあまりにも多い方は、その場で途中退室を命じられるほど厳しいです。

 

何より、一番凄まじいのはオフィスの雰囲気です。

コールセンターであれば、少なくとも50名近くの人間が一遍に電話を取っているため、結構ワイワイガヤガヤしています。

しかし、データ入力のアルバイトは、せいぜい10名程度…

しかも作業監督が間近にいるため、もちろん私語を慎まなければいけません。

シーンとしたオフィスの中、カタカタというタイピングの音だけが響き渡ります。

 

こうした環境なので、仕事中に感じるプレッシャーは凄まじいです。

また、コールセンターのように「電話応対→入力作業」と言ったルーティン作業ではなく、ひたすら「入力作業のみ」なので、時間が経つのが非常に遅く感じます。

無心で一つの作業に長時間集中して取りかかれる人が、データ入力バイトに向いていると言えるでしょう。

コールセンターの方が自由度は高い

白人女性のオペレーター

コールセンターもデータ入力のアルバイトも、どちらも一長一短と言いたいところですが、個人的にはやりがいを見出せるコールセンターに軍配は上がると思います。

確かにコールセンターは、お客様の対応をするため、場合によっては気疲れやストレスを感じることもあります。

しかし、作業監督に見張られているわけではないので、自分なりの案内方法や作業効率化の工夫をすることができます。

たかがバイトと言えど、小さいことでも自分で工夫できるポイントがあるだけ、若干ながらのやりがいを感じることができます。

この小さなやりがいを感じられるかどうかは、働く上で最も大事です。

 

正直言うと、データ入力で働いている時は、「自分は無心でキーボードを叩き続けなければいけないロボットだ」と言い聞かせて、静まり返ったオフィスで何時間も座りっぱなしで作業していました。

しかし、コールセンターであれば、「そうか、次同じような問い合わせがきたら、こう対応してみよう!」とアルバイトながらも工夫してみることにチャレンジできます。

 

また、電話後にパソコンに応対内容を打ち込む作業時間中も、「こう入力したら読む人がわかりやすいだろうな」と考えて文章を打ち込むこともできます。

こうした工夫は、データ入力のバイトには許されません。

なぜなら、データ入力バイトは、与えられた数字と文字通りに、ひたすらキーボードを打つことしか許されないからです。

 

コールセンターの作業自体は「電話を取る→パソコンに入力する」の繰り返しですが、自分なりの作業効率化や上手な案内の工夫ができるので、時間が経つのも早いです。

そのため、あくまで私の個人的な感覚になりますが、コールセンターの方が人間らしく働けるというのが正直な感想です。

現在、データ入力かコールセンター、どちらで働こうか迷っている人は、

  • 無心で一つの作業に長時間集中できる人は、データ入力
  • 接客疲れをすることもあるが、自分なりに工夫して仕事をしたい人は、コールセンター

というように考えておくと良いかと思います。

-コールセンター