コールセンターのバイト内容を詳しく紹介します。

受信コールセンター de バイト

コールセンターが主婦におすすめのパートである4つの理由

主婦の画像

主婦のパート探しは簡単なようで中々大変です。

働く時間帯や時給などの条件、また残業がない職場である方が好ましかったり、中には同じ主婦の方が多い職場の方が安心できるという人もいるかと思います。

主婦は子供の面倒を見たり、家事をこなしながらパート勤めをするのですから、仕事探しにおける条件が独身者やフリーターよりも、細かくなるのは当然です。

ただ、会社側の本音で言えば、会社に都合良く出勤できる方に入社して頂きたいわけです。

そのため、条件が細かくなればなるほど、主婦が選べるパートの種類は限られてくるでしょう。

 

そんな限られた条件の中でのパート探しですが、コールセンター勤務歴5年以上の私は声を大にして言いたいと思います。

コールセンターこそ主婦にぴったりのパートだと。

今回の記事では、なぜコールセンターは主婦にぴったりのパートなのか?を、詳しく述べていきます。

シフト自己申告制で残業がないから働きやすい

カレンダー

もちろん、フルタイムのみのコールセンターも存在するので、パート勤務可能かを事前に確認しておきましょう。

パート勤務可能のコールセンターはシフトが自己申告制となっていて、月途中くらいで翌月のシフト希望を提出します。

どうしてもオペレーターの人数が足りない日は出勤をお願いされることもありますが、都合が合わなければ躊躇なく断って大丈夫です。

コールセンターはオペレーターの人数が多いので、断ったことに罪悪感を持つことはありません。

「自分が出なくても別の誰かが出てくれる」という気持ちで構わないですし、実際に誰かしらが出てくれます。

フリーターの方だったり独身者の方だったり。

なので、申告したシフトはほぼ申告通りに作成されます。

現に私は契約社員時代、毎月どこかに5日連続の休みを希望していましたが、必ず希望通りに作成してもらえていました。

男女 オペレーター
シフト自己申告制コールセンターはこんなに良いのか!?そのメリットと注意点を述べていく

みなさんは「シフト自己申告制」という仕組みをご存知でしょうか。 シフト自己申告制とは、読んで字のごとくシフトを自己で申告する仕組みのことです。 通常、アルバイトにおけるシフト作りは、シフトを管理してい ...

 

また、主婦が残業依頼されることは殆どありません。

私自身、今ではコールセンターの社員となり「残業を依頼する側」になりましたが、主婦の方が忙しくて残業できないことは重々承知しています。

子供の送り迎えや家事など、やることが一杯なんですよね。

最初から断れることをわかっているので、私は余程の時でないと主婦の方に残業依頼しないです。

なので、先ずはフリーターの方や独身者が残業を頼まれることになります(フリーターの方や独身者の方には申し訳ないですが)。

残業している人
コールセンターは残業が多い?いやいや、全然少ないよ

「ブラック企業」という単語は、今では就職先のみならず、アルバイトを探す上でも外すことのできない指標となりました。 巷では、過剰な残業を強いたり、希望を無視したシフトを組む「ブラックバイト」を経験した人 ...

主婦の声色にお客様は安心する

昼寝している人

主婦の声色と一括りに言っても、人間の声は千差万別なので一概には言えない部分もありますが、主婦の方の声色や話し方はコールセンターに合っています。

コールセンターに電話をするお客様は、オペレーターが低い声の男性よりも高い声の女性の方が安心してくれるからです。

また、主婦の方によく見られる”良い特徴"として、相槌の打ち方が上手です。

意識してみるとわかると思いますが、普段から友達同士での会話中もよく相槌を打っていないでしょうか。

その相槌をコールセンターに持ってくると良いです。

「ええ、ええ」「さようでございますか」など、主婦の方は抑揚をつけて相槌を打つのが上手なので、聞いていて安心できます。

ただ、あまりにもお客様に寄り添いすぎると、話が関係ない方向へ脱線することもあります。

結果、1時間近くお客様の世間話に付き合わされるなんてこともあるので、気をつけたい点でもありますが。

居場所を作りやすい

イスラム教徒

上で述べたシフト自己申告制や、残業がないという理由から、昼間のコールセンターにはパート主婦の方が多いです。

 

私が見る限り、彼女達は尖っている人が少なく、昼休憩の時間ではお互いの弁当や家庭のことなどを話して和気藹々としています。

 

ちなみに私は20代の男ですが、私も主婦の方々とは仲良くさせてもらってます。

主婦の方はどなたも雰囲気が柔らかいので話していて落ち着きます。

喫煙ルームで一緒になったりすると、昼休憩中ずっと一緒に話していることもあります。

仕事の立場としては確かに私の方が上ですが、主婦の方々の多くが人生においては私の先輩なので、きちんと敬意を持って付き合わせてもらっています。

 

一人でいたい方も中にはいると思います。

一人でいたい人は無理に他のオペレーターと仲良くする必要はありません。

コールセンター内の人間関係は独特で、一人でいたい方は誰にも干渉されず一匹狼でいられます。なので、人間関係構築に興味のない方でも居場所を作りやすいです。

コールセンターの人間関係
コールセンター内の人間関係には"他人に合わせなくて良い”気軽さがある

コールセンターは、現場で働いている人同士で連携をとって作業することが少ないです。 そのため、毎日見かけるけど話したことがないという人もたくさんいます。また、各オペレーターで休憩に入るタイミングは異なる ...

何と言っても時給が良い

時給1400円

コールセンターで働く最大のメリットは時給の高さにつきるでしょう。

どれだけ職場環境が良くても時給が低くてはダメですよね。

主婦に限らずコールセンターがおすすめな理由は、やはりずば抜けた時給の高さです。

首都圏であれば時給1,200円〜1,500円の求人案件を探すのは難しくありません。

例えばアルバイトEXやリクナビ派遣などの取り分けてコールセンター求人案件が多い求人サイトであれば、地方でも時給1,000円超えの求人を楽に見つけられます。

また、アルバイトEXに至っては採用が決まると最大で3万円のお祝い金がもらえます。

面接時の交通費代と拘束代は祝い金でまかなえます。

こうした求人サイトを利用しながら、是非ご自身のライフスタイルに合ったコールセンターを探して、私生活への負担が少ないパートライフを過ごして頂ければと思います。

-コールセンター